このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年中途入社

武藤 愛

デイサービスセンターさんえす
祖父母が施設入所していたり看護師の母がデイサービスに勤めていたことで、昔から「介護」という仕事が身近にあり、次第に興味を持ち自身も介護の道へ。

デイサービスで約5年間勤務したのち、転居を機にサンエスケアサービスに入社。

ご利用者さまからの「家族のように思っている」という言葉に喜びややりがいを感じ、ご利用者さまとの関わりを大切にしている。

ご利用者さまの意思・尊厳を尊重した支援のできる介護士を目指す。

介護福祉士。
デイサービスセンターさんえす/武藤 愛
自分の理想の介護士の姿ってなんだろう

自分の理想の介護士の姿ってなんだろう

元々別のデイサービスで勤務していましたが、限られた時間の中で業務をこなしていくとどうしても忙しさに負けて、利用者さんとゆっくり向き合う時間がとれなかったり、利用者さんができることまでこちらでやってしまいそうになることが多く、「自分の理想の介護士の姿ってなんだろう」と考えるようになりました。

そんな時「利用者さんとの交流」「自立支援」に重点を置くさんえすの求人が目にとまり、ここでなら思い描いた介護の仕事ができるかもしれないと思い、さんえすに入社しました。
全体レクでも、一人ひとりに目・耳を傾ける

全体レクでも、一人ひとりに目・耳を傾ける

仕事内容としては、利用者さんがデイサービスで1日過ごす中で、排泄・入浴などの援助やレクリエーションの計画・進行をしています。

一概に「援助」と言っても、やりすぎてしまうとその利用者さんにとって、できる部分の能力を奪うことにつながってしまうので、「ご本人のできる力を活かした援助をする」ことを常に意識しています。

また、レクリエーションでは全員で行うものでもお一人お一人に目・耳を向け、例えば小さな声での発言など、大勢だからこそ埋もれてしまう部分を汲み取り、利用者さんの参加意欲を大事にすることを心掛けています。
利用者さんの笑顔や元気に来所される姿を見ることがやりがい

利用者さんの笑顔や元気に来所される姿を見ることがやりがい

利用者さんから感謝や労いの言葉等をかけて頂いた際にはとても嬉しく思います。

また、利用者さんの笑顔や元気に来所される姿を見ることがやりがいに感じます。
楽しんでもらえるレクをたくさん発案していきたい

楽しんでもらえるレクをたくさん発案していきたい

介護保険サービスの中でも、デイサービスの特徴の一つとしてレクリエーションがあります。

さんえすでもレクを大事にしていき、これからも利用者さんに楽しんでもらえるレクをたくさん発案できたらな、と思います。
利用者さんとの距離が近いので、肩の力を抜いてお話できる

利用者さんとの距離が近いので、肩の力を抜いてお話できる

さんえすは、利用者さん、スタッフともに和気あいあいとした明るいデイサービスです。

利用者さんとの距離も近いので、肩の力を抜いてお話することもできて、初めて介護の仕事をされる方でも馴染みやすい雰囲気だと思います。

もちろん、経験がある方もぜひ!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ヘルパーに関連する求人票を見る